すぐ消える
nwn -> hcr, cep, prc, hak, etc.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:--| スポンサー広告| trackback(-) comment(-)
迷宮
ドンガラガッシャ~ンっなT&Tコーナーの記事でHow to play T&T 連載第六回を知ったので読んでみた。

う…、私には竜野君の方があっていると思うのだが。

迷宮は侵入者を拒む。そのために入り口にかなり危険な罠が設置されている。多くの場合それを避ける方法がある。

ってのは冒険者の常識だと思っていたのだが。侵入者は普通入り口で防ぐでしょ。引きずり込んで殺そうとしているなら別だけど(それはそれでもっと危険だ)。

奥が危険な迷宮ってのは中にあるモノ(いるモノ)を外に出さないための迷宮、封印に近いモノかな。ミノタウロスが閉じこめられた迷宮ラビリントスがモデルならこっちの方があってるのかも。
ただこの場合出る方が難しいってことなんだけど、往々に迷宮から如何にして出たかは端折られてたりするんだよな。ショートカットルートが用意されてたり、凄い時は迷宮が壊れだしたとかいって何時の間にか外に出てたりするし。

あと、迷宮の存在自体がご都合主義なのである程度は仕方ないが、露骨に手がかりを用意しておくのはあまり好きではない。

手がかりがないと何も探さないような冒険者は必然的に死ぬべきだ。

と、まあ現実はそんな訳にもいかないのだが…
スポンサーサイト
comment
comments
post
url:
comment:
pass:
himitu: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
trackback url
trackback
まぁ、もう20年近く前のRPGの状況を前提にした記事ですから、今見ればツッコミどころは満載かと。想定としているのはRPG初心者ですから、ゲームとして遊びやすい迷宮の構造ってことでしょう。最初の部屋に侵入者を阻むという冒険者の常識と、ゲームとしての難易度のバラ...
2005/09/05(月) 15:33:05) | カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。