すぐ消える
nwn -> hcr, cep, prc, hak, etc.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--:--| スポンサー広告| trackback(-) comment(-)
暇になったと思えば問題が

暇になったかと思えば、問題が発生し、その流れのまま次の仕事へ。
なかなかうまくいかないものだ。

NWN2が如何とかの前に1.67すら当てていない現状は如何なものか。(如何を二回使ってみた。)
まあ、NWN英語版からスタートして以来、ずっとこんな調子。

そう言えばちょっと前から Gentoo Linux 使ってるのだが、emergeのgames-rpg/nwnが気になってる。今度試そうと思いつつも放置。しかし、こっちは既に1.68なのでアレだが。

games-rpg/nwn
Available versions: 1.68 [M]1.68-r1
Description: role-playing game set in a huge medieval fantasy world of Dungeons and Dragons

games-rpg/nwn-cep
Available versions: 1.52 ~1.52-r1 ~1.53 ~1.53-r1 ~1.68
Description: a high quality custom content addon for Neverwinter Nights

games-rpg/nwn-data
Available versions: 1.29 [M]1.29-r1
Description: Neverwinter Nights Data Files

games-server/nwn-ded
Available versions: 1.66 ~1.67 ~1.68
Description: Neverwinter Nights Dedicated server

スポンサーサイト
やっと何か出来そうな感じ
WEBは死ぬし、DBも死ぬし、DB監視も死ぬし、PROXYも死ぬし、FTサーバも死ぬし(詐欺だ)、FIREWALLもアレだし、VPNもアレだしと死にそうだった。

で、やっと時間に余裕が出来てきた。
何をしようか…。

でも、もう少しすると場所に余裕がなくなりそうだ…。
PC死亡
サブPCが死亡。
調子が悪かったのでやばげな感じはしてた。
マザーを見るとしっかりコンデンサがいくつか膨らんでる。
コンデンサストックにないのが死んでるし、コンデンサ買いに行くほどのマザーでもなし。
パソコンでもそこら辺のコンデンサが使えればいいのに…。
宝くじ
そういえば宝くじ。
税金はあまり払いたくないが、宝くじは買うというヒトがいるようだ。
宝くじの収益は何割かは現金として一部のヒトに行き、何割かは公共事業に、残りは手数料。
何が税金と違うのか私にはよくわからない。

と、こんなことを言うと宝くじを控えようかと考えるヒトもいる。
騙されやすいんだなと思う。
「カモだ、コイツ」とは断じて思ったりしていないかも。
典型的隠者
GameMaster Gの日記で紹介されてたタイプ別性格分析をやってみた。

ISFP型:見ているだけで口は出さない

まあ、このタイプ別だとISFP型かISTP型になるのは予想通り。一応こういうのが専門だった時期もあるのでやる前からわかるのはちょっと悲しかったりする。
そんな訳で地を出すとドルイドかウィザードの隠者タイプになり冒険をする理由がなくなってしまうという酷いことに。
といいつつも、冒険をする理由が必要だなんて思っていない。
何事にも拘らないという拘りを持ち、他者を求めず、自分の内にしか意味を持たない。
そんな感じ。
MORPGの難しさ
最近ちょっとMORPGに関係したりした。(関係してるヒトに関係しただけでそのものには無関係。)
やはりというかなんと言うかジレンマが。

プレイヤをあきさせないギミックは、それなりに考えられる(というか完全に新しいものじゃなくていいし)。
しかし、一番の問題は目的、最終目的(勝利条件)がないというか作れない。
私の中では勝利条件がない時点でコレはゲームじゃなくて、シミュレータ。

プレイヤ全員が勝利を目指し、かつ永く遊べる、でロールプレイ。

対策として思いつくのがキャラロスト(完全解決するわけじゃないけど)。しかしこのキャラクタープレイ重視の時代に受け入れられるかというと…。
キャラロストっぽくしないようにとするとシナリオ型(やったことないから知らないけどテイルズウィーバー?でも勝利条件はなさそう。)、でも大きいのはシナリオの数と途中参加の問題。

で、まあ結局、仮想空間シミュレータ内にミニゲームを置くってのがお手軽簡単なわけで。
それはそれで楽しいということでゲームと呼んであげてもいいんじゃねと、またひとつ大人になるわけで。
はぁ…。

NWNでは無茶が出来るのでやれそうな感じがあるが、頭の中では面白いが作ってみると面白くなかったり、何かないものだろうか。
持っている。
金持ちの利点は持ってる金を捨てていつでも貧乏になれる自由さだ。
、と言ってたのは誰だったか。
多分金に限らず、何かを持っているというのはそういうことなんだと思う。
つまり持っているものを捨てられないのならば、それを持っていないのと何も変わらない。
回線パワーアップ
回線がちょっと速くなるようにアレしてみた。
実測で20程度か…、微妙。
しかしこの先は触れられない領域なので、終了。
最善手
アライメントとかロールプレイとかそんなことはどうでもいいから、
まずその状況での最善手は何かって考えてほしい。
理由なんて後で考えればいいから。
OSI応用参照モデル
通信機能を9階層に分割したモデル、
気に入ったので覚えておくことにする。

1. Physical 物理層
2. Link データリンク層
3. Network ネットワーク層
4. Transport トランスポート層
5. Session セッション層
6. Presentation プレゼンテーション層
7. Application アプリケーション層
8. Financial 資金層
9. Political 政治層


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。